日量540万ℓ
天空にたたえるエメラルドの熱泉
氷点下15℃
純白のスカイライン 紺碧の空
千の願い 万の星
人は願い 星はささやく
標高1800m
間近に感じる大地の息吹

おしらせ

夏の展示より

2020年07月21日

うちのサンショウウオ(去年生まれ)は、ときどきウソを言います。
恐竜展はやっていません。
ドライフラワーはほぼ完成しました。前列がバラ科、後列がキク科。
4種のサクラなど、バラ科が充実しました。...

続きを読む

7月の企画展示と飼育展示

2020年07月13日

常設展と企画展のラインナップです。夏のイベントは ↓http://manzanc.jp/event
毎年恒例の『国立公園写真展』は7月末まで。環境省アクティブレンジャーさんたちならではの視点・目線で、上信越高原&中部山岳国立公園の魅力を紹介。...

続きを読む

フィールドノート

梅雨明けの訪花昆虫(2)

2020年08月05日

標高1500m、チダケサシのお花畑も、昆虫たちの楽園。 オオウラギンスジヒョウモン♀。ヒョウモンチョウ類の識別は、難しいけど面白いです。...

続きを読む

梅雨明けの訪花昆虫(1)

2020年08月03日

昆虫たちは、葉の裏などで梅雨明けを待っていました!
(左)ウラギンヒョウモン (右)クジャクチョウ
しぜん情報館前の草地にて。ヒメシジミが来てうるさいので、クジャクチョウは羽を閉じました。自然界では日々、こんな(どんな?)やりとりが。...

続きを読む