黒っぽいアオガエル
牛池で生まれ、「かたらいの森で」育ったので『カタロー♂』。情報館でよく鳴きます。暗いところにいたので、黒っぽくなっています。2月にお目見えした大きなモリアオ『ケルリーナ』(日光生まれ)は、少し刺激されてるみたいです。
...

秘境の池と卵塊
秘境の池と卵塊。これでメス20匹分くらい。
先月の観察会で訪れた神秘の池。サンショウウオたちは水深1mほどの水中に産卵しました。ところが、あの水深は雪解け直後のいっときの増水だったようです。今は水深が半分になり、干上がりかけた卵もありました。彼らが沖合を...

ツボスミレ
エゾハルゼミが標高1650mまで上がってきました。晴れ間が出ると、森が合唱に包まれます。そのほかの、森の仲間たちをご紹介します。
白く小さいツボスミレ。よく見ると濃い紫色の模様がきれいです。
...

弦ヶ池
最近の弦(つる)ヶ池。
今、万座のどの池でも、ミズスマシが活発です。婚活しているようです。
浮島のあいだの運河にも数百匹が。
めまぐるしい速さでくるくると水面を回るようにすべっている、小さなあれです(アメンボとは違います)。 ...

トラップで産卵
藤の花が咲く頃、沢の岩の下から、「ゴワッ、コワッ、グウゥ…」と、不気味な地鳴りのような声。タゴガエルが産卵期を迎え、オスがメスを呼んでいるのです。病院まで我慢できなかった妊婦さん、ゴメンナサイ!
飼育下...